稲城の梨を食す

私の住んでいる神奈川県川崎市は、実は緑が豊かで、近所を少し散歩をすると山や畑もありますが、ここへ越してきた時、川崎市は東京都稲城市と隣接している、と言うのを始めて知りました。

もっと言うと、稲城市、という地名を全く知りませんでした。

立川市、八王子市、調布市、国立市、多摩市、青梅市、日野市、東村山市…それらは勿論知っていましたが、、は?稲城市ってなに?と言う感じで?
(稲城市にお住いの方々、ごめんなさいね… )

その稲城市には、葡萄園や梨園がなんと100軒ほど?とにかく沢山あるのを知り、益々ビックリしたものでした。
(もっと言えば温泉も出るし、読売ランドにも近いし?笑)

昨日は、その稲城市の名産の梨を味わいたくて、直売所を訪れました。(稲城の梨は希少なので市場には出ないのです)

稲城の梨は、とっても大きいのが特徴で、大きいほど美味、と言われています。

見事でしょう?!この大きさは小玉スイカほどかな。重さもかなりあります。お値段は1個で大体500円程でしたよ。

一晩冷やして先ほど食べてみると、瑞々しく、豊水等と比べると実はやや固めですが、食べ応えがありました。

またこちらの梨園の近くには、ぎっしりの柿の実がついた大木が。

ここは本当に東京なの~?笑

梨はもうこれで最後かな、と農園のお母さんが言っていました。来年は是非、こちらの農園で梨狩りをしたいと思います~