🔷街角の天才たち

遅い時間の投稿になりました。

昨夜は布団に入ってから私の大好きなスミ・ジョーのオペラアリアを聞いていたら、なんとなくモーツアルトの『魔笛』の「夜の女王のアリア」の画面になり、

それがなんとなくいろんな歌手の動画に移り、いつしかストリートパフォーマンスの画面に導かれ(youtubeでは、おススメ動画がどんどん流れてくるのです)、

最後にはピアニストの菊池亮太さんの動画に行き着き、、素晴らしい演奏を貪るように見てしまい、結局夜中まで見続けてしまいました。。

私は存じあげていませんでしたが、いろんなところで活躍なさっているピアニストなのですね。

今日は予想通りに猛烈にだるくて、つくづく夜更かしを後悔していますが、もう止められなかったのです。ラフマニノフのメドレーだなんて!!コンチェルトも自由自在にアレンジしていて、そのテクニックと感性に脱帽しました。

不詳 この私もピアノ歴は40年超えではありますが、ジャズに触れたのがずいぶん成人してからだったので、もっと若い時にもっともっといろんな音楽を知っていたらなぁ、と若い頃には幾度となく思っていました。クラシックだけの世界は私には窮屈だったのです。

この、通りすがりのご婦人の思い出の曲をリクエストされて、1度聞いただけで完全コピーして更にアレンジまで加えて弾いたこの動画もまた、大変素晴らしかったです。ビル・エヴァンスの名曲『ワルツ・フォー・デビィ』✨✨なんて美しい曲なのでしょうか。

菊池さんだけでなく若い素敵なピアニストたちが今は沢山いるのですね。各々が自由に発信できる、すごい世の中になったのだと思いました。そして今の若い人たちのスキルには感心します。クラシックもジャズもしかも、即興でもこれだけ弾けたらどれ程 楽しいでしょう。若いピアニストたちの活躍が本当に眩しいです。

渋谷の109の前に置かれたストリートパフォーマンス。若い4人の若いピアニストたちが即興で連弾は本当に楽しく、素晴らしかったです❣️

(その4人の中の一人、かてぃんさんがまた凄い方でした✨これはまた次回に書きたいと思います)

久しぶりに音楽の素晴らしさに酔った一晩でした。

音楽も芝居も長い人生の中では、どれだけの癒し、励まし、そして大きな力になっていくことでしょう。

街角でもホールでも、もっともっと気楽に音楽や芝居を楽しめる世界が来てほしいと、と願わずには居られません。

カテゴリーblog