🔷小豆が煮える〜身体の自然治癒力を引き出す②

今日は本当に良いお天気ですが、一日中外に出ないまま今日は日が暮れてしまいそうです。

少し、くたびれました。

この2日はまるまる一日仕事をしていました。昨日は嵐の中での移動となったので衣服がビチョビチョに濡れ、その後のレッスンでは久しぶりに立ちくらみがしたり、座っていられない位にお腹が痛くなってしまったりして、、ちょっと詰め込みすぎた仕事のスケジュールを反省しています。

昨日の朝は、いうとうブログを更新することが出来ませんでした。ちょっと悔しかったのですが、今は、体調よりも優先するものありません。

今日はゆっくりして、ようやく落ち着いてきたので、このまま体にも頭にも余計なものは入れずにまっさらな状態にして、英気を養いたいと思います。

4月からは仕事がちょっと忙しくなるので、巷で話題のホットクック(電気無水圧力鍋)でも購入しようかなぁなんて考えていたのですが、先ほど小豆を煮ていて、そのコトコトコトコト言う音や、部屋に漂う匂いに癒されている自分が居ました。そんな時間が自分には必要かなぁと思ったので、ホットクックの購入はまだ先になりそうです。笑

でもホットクックはいいですね。仕事ができる女性の象徴のような感じもしてきました。笑 子育てが忙しいお母さんや働き盛りの年齢の女性にはとても便利だと思います。 でも私はそういうちょっとした家事や、豆の煮える音や匂い、煮えるまでの “ぼうっ“ とする時間が自分の癒しになっている。そんな感覚も大事にしたいと思います。

そして、あずきには肝臓の機能を改善する力があるそうです。また溶血作用や洗浄効果の高いサポニンが含まれているので、肝臓の炎症を抑えむくみを取り除いて、肝臓から来る不調を改善してくれます。また体液の乱れやばらつきを調和させ、体内組織を引き締め緩んだ腸を閉めてくれるらしいらしいです。

(『からだの自然治癒力を引き出す食事と手当』より。)

私が定期的にあずきを食べたくなるのは、やはり身体の本能なのだ、と知りました。笑

ちょっと疲れちゃった方にはアロマも有効ですよ✨

以前の記事ですがここに再掲載しますので、読んでみて下さいね!

カテゴリーblog