繊細な感覚の私たち

年末までの疲労の蓄積か、はたまた実家の掃除を頑張りすぎたせいなのか、(^^;すこ~し疲れが出たので、今日いつもお世話になっている治療院で、全身に鍼とお灸を打ってもらって、ようやく体の中にスペースができました。

治療院に行く前と後を比べると、全く別の体の様に軽い!!(先生方に感謝~)

体の中にスペースが出来る、とは巷でもよく言うのですけど、縮んだりよじれたり歪んだ筋肉が、施術で正しい位置に収まるのは、多分0.01ミリ位の話、 なんだと思います。。
だけど、それをちゃんと感じることができる身体と感覚を、私たちはちゃーんと持っている❗❗

これって、凄い事です!!素晴らしいことです~~☺️
だから、、
身体が動けない、というならば、それは本当に休まないといけない時だ。
しっかり休めば、また動きたくなる。
休む事への罪悪感ばかり持っていると、身体は全然休めないからね…😭
身体が繊細な感覚を持つ事は、よーく分かっているのに、ついついなかった事にしてしまう  自分の中の何か…これの正体は如何に! 笑

身体も感覚も、大事にしたいですね~(*˘︶˘*).。.:*♡ 

  お正月の一コマ。爺じ相手に姪っ子の初将棋!難しいルールも、きっと理論よりも、感覚で覚えていくんだね…

カテゴリーblog