徳を以て恨みに

今夜は舞台を観て、只今帰宅です。ミュージカル『MA 』を観て来ました。(MAとは、マリーアントワネットのMAであり、マルグリット·アルノーのMAでもある。)  

遠藤周作さんの小説を原作に作られた日本発信のミュージカルだけど、制作陣はみな外国人、という摩訶不思議な背景がみえ…。

史実とはいえラストにマリーアントワネットが白髪になり、ギロチンにかかるシーンは、やはり、胸が詰まりました。

そして大ラスに、恨みをどう終わらすのか?っていう投げかけが、やや突然過ぎる感がありましたが、この問題は いまお隣りの国と日本との関係も考えさせる、まさにリアルな問題ですね…。

ここで、私は劇団四季の『李香蘭』のラストシーンを思い出す。。李香蘭を売国奴として裁く裁判のシーン。

中国人の裁判官は言う。『徳を以て恨みに報いよう』と。

これが次第に拡がり、初めは抵抗していた中国人の告発者や傍聴者、兵士の間で最後は大合唱となる、感動のシーンです。

私は毎回、観る度に大泣きしていましたが、今夜は舞台を観ながらまた李香蘭を想い、また浅利慶太先生を想っていました。

あの稽古現場に居られた私は、なんて幸せだったのかな、、と。笑

そんな珠玉のミュージカルナンバーも、いっぱい歌います!( * ॑˘ ॑* )⁾⁾ ♪♪↓↓↓↓↓↓↓↓↓…

◆12月25日は大阪ライブ!! https://yasuko-sado.com/2018/10/19/大阪ライブ開催!!!/

チケットは、チケットぴあでお買い求め頂けます。発売中です。皆様、どうぞ宜しくお願い致します!!平日ですが、是非ぜひお出かけ下さい!なかなかに濃い内容になりました。どうぞお楽しみに~♪♪

★チケットぴあhttps://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?

eventCd=1851797&rlsCd=001&lotRlsCd=

今日も、よい一日でした。皆様、良い夢を…(*ˊᵕˋ*)♡

カテゴリーblog