過去からやって来た痛み

毎日蒸しますね~

気温差や気圧の影響で体調を崩している方
も多いのではないでしょうか?

疲れを感じたら、無理をぜずゆっくり
休みましょう。

頭ではやらなくちゃいけない事があると
思っても、、
心身は休養を求めているのですから!

さて、私の近況は、

一昨日の晩に膝がへんな角度に入って
しまい、
膝が凄まじく痛んでいます😓

3年前の半月板損傷がぶり返してしまった
様で、
歩くのも困難なので、ずっと寝ています。
(オオ汗かきながら💧)

思えば膝が痛くなる数日前から
眠くて眠くて仕方なかったのでした。

私、休みたかったんだな~

半月板を損傷したのは、2013夏。
『S&D』の開幕が迫っている時でした。

手術をするには至っていないという
医師の診断でしたので、
アイシングとテーピングで散らして、
本番中はきついサポーターを巻いて、
公表せずに
2か月の舞台はやり続けました。

その前の舞台では、演出家からの厳しい
ダメを受けていたので、
ここで挽回しなくては、という想いが
強かった為です。

そしてその舞台。
本番中はやたらアフターイベントが多くて、舞台の後に連日その稽古がありました。

そして途中からは次のお芝居に
キャスティングされて、
舞台の合間に台詞を覚えなくては
ならない辛さ、
私はもう、一杯イッパイで、そして、
あっという間にまた自律神経がやられて
しまいました。

『S&D』の本番中に倒れるのだけは、
絶対避けたいので
私なりに悩んだ結果、
次の芝居はキャスティングからは外して
下さいませんか、と
こわごわ申し出たのでした。。
(当時、自らそれを申し出るのは
ありえない環境でしたが..)

で、結局は舞台終了後から2カ月ほど
休ませてもらって。

年が開けてもまだ元気ではなかったけど、
これ以上は休めない、と自分で勝手に
思って復帰した。。

・・読むのがしんどい文章になって
ゴメンナサイ💦

いや~悲壮感ばっかり漂ってますね。 

私こんなに頑張ってたんです自慢でも
何でもないんです。

何をするにもプライドしかなかった自分に
呆れているんです。。

そして、
私が自分をちっとも大切にしていないから
悲しい事ばかり引き寄せたという事、
なんです。

◆開幕前の大事な時に怪我をしてしまった事を責める自分。

 怪我は仕方ない事・・でもそれは
 『S&D』で踊る体力をつけておかなちゃ、
 と無理をしてトレーニングをしていたのが 多分原因かと。全く本末転倒なんです。

◆でもやっぱり無理がたたり、休養して
しまった事を責める自分。

 勇気を出して休養を願い出た、は
 良かったのに、なんでもっと上手く
 調整できなかったのかと責めていて、
 ちっとも心は休めていなかった。

私は何もかもが、
『なんでこんなにダメなんだ~~?』
って本気で責めていました。

ところが、
その当時を知っている方々に話すと、
『そんな風に思っていたなんて信じられ
ない・・』と言われるのですよ。

パフォーマンスも落ちてた訳じゃないと。

ナンテコッタ・・( ̄□ ̄;)!!

私は独り、
行き過ぎた被害妄想の中にいたのでしょう。。

何度も登場する『~してしまった・・』
という言葉。
私は誰に対してそう思っていたのか?

雇い主や、応援して下さっている方々に
対してなのか??

それ本当に…?

だとしたら随分相手を見くびった話しです
よね、、失敬な話しです。

自分に対してもね‼️

≪何かを出来るから価値がある≫

≪役に立たなければ価値がない≫

こんな価値観の中に居たから、

当たり前の様にそう思っていたのです。

そして、
『こんなに何も出来ない自分だけれど、
どうか私を嫌わないで~っ』
っていう悲痛な叫びが通奏低音に様に
長く響いて居た訳です。

全くどれだけ寂しさを感じていたので
しょう・・

まぁそんな状況でしたので、
以前は、様々な恐怖が先に立ち、
休養している様でも実はちっとも
休めてなかった。

罪悪感と自責ばかりの波に漂っていました。

でも漂う中で、ある時
加島祥造さんの『求めない』という本と
出会い、
それ以来 自分の心が感じている事に
耳を傾ける様になれたので、
あんなに苦しい時間でも、やはり
必然だったのです。

自分が自分を無視してるから
寂しいのですって、
後日カウンセラーに言われて、
ハッとしましたよ。

さて、私に訪れた三年ぶりの痛み。

再び痛みがぶり返したのは、

本当はあの時に感じ尽くすべきだった
『痛み』と『寂しさ』と
今こそじっくり向き合って~!
そんな信号なんだと思っています。

昨日も今日も眠り続け、

本当はこんなに痛かったんだなあ、

何も考えずに横たわりたかったんだね、
と思います。

そして、今更ながら
よく頑張ったね…という想いも

こんな小さな事からでもコツコツと
自分の声にじっくり耳を傾けていき、
そうしていく内に自分をもっと大切に
出来るようになって行けたら、

≪出来る、出来ないで測る世界≫から
完全に卒業できるのかな・・
と思っています。

あと書きながらまた1つ気付いたのは、

直前に起きた事を引きずっていると、
ロクな事がないよって言う事です。

(矛盾している様に
思われるかもしれませんが。。)

上に書いた様に、
”前回の結果の挽回をしなくちゃ”って
頑張る事は、
あんまり意味がない事だ、と改めて
気がついたのです。

今現在は、前回(過去)とは
全然状況が違うのですから!
また、自分も日々変化しているのに、
やるべき事も刻々と変化しているのに、
自分はずっと過去の中に居るという
おかしな状況になる。。

うまく回らないのは当然ですね。

今に生きていないのだから。

過去の反省を生かすとか、あえて考えなくても、
その状況を通ってきたんだから、
もうその経験は十分に体に刻まれているんだ、と思います。

起きてしまった事には真摯に向き合うべき
ですけれど、
それを引きずっても何もよい事はないのですね。

ん?

引きずるってことは、ホントは向き合って
いないのかもしれませんね?

起こる出来事に勝手に色を付けるのは
人間なので、

起きちゃった≫と自分が感じるならば、

起きて良かった≫に変換できるように

シフトチェンジすれば良いのですから。

そうしたくないなら、私はそう思っていたいんだな~と
自分を知るだけのことで。

でも、なおかつモヤモヤが残ったのなら、

それは実は寂しさなんだろうな、
と思います。

ただ、人間は思考の癖はなかなか取れなくて、
思いたい方にばっかり考えてしまうので、

楽な方に考えるのではなく、
楽しい方に考えを寄せていきたいものですね

楽しい方へ~✨🌈

金子みすずみたい..😆

カテゴリーblog