🔷珍道中〜高川山トレッキング

先日は、半年ぶりに登山に行って参りました。〜秀麗富嶽十二景・山梨県の高川山。(978M、5時間の行程)この高川山は山頂の眺望が素晴らしく、富士山も大変美しく見える事と、JRの駅から登山口まで直接行くことができ、2時間ほどで山頂に上ることができると言う利便性もあり、最近人気のある山だそうです。

風情がある中央本線・初狩駅(無人です)

低山でもあり2時間で上がれるならしばらくぶりの登山には丁度いいな、と思って選んだのが運の尽き・・(私は登山初心者です)

序盤から結構な傾斜、またこの日は大変に気温が高い日でしたので、どんどん冷えるし足は動かない、で ほとほと参りました。はじめは、ちょっとしばらく寝不足が続いたからかなぁ、とか、今朝は朝ご飯はちゃんと食べなかったからかなぁなどと思っていたのですが、そのうち体温調整ができていないのだということに気が付いて、山中ではありましたが(誰もいなかったので)下に来ていたウールのインナーを脱ぎ捨てました・・ 自分が思うりもずっと 汗でびっしょりでした。😥💦

熊鈴を鳴らしつつ沢に沿って登ります。
結構な傾斜が続きました。

登山は体温調整が非常に肝心、と言いますが この時は本当にそれを実感させられました。またこの日の朝ご飯は、新宿から乗り込んだ特急あずさの中で、甘いカステラを2切れとコーヒーとで軽く済ましただけ。行程の途中でエネルギーが切れた(いわゆるシャリバテ)が起きていると感じたものの、行動食に持参していた甘いものを考えたら再度甘いモノを口にする気にはなれず・・なので馬力がない亀の歩みで2時間半、腰に手を当てながらようやく山頂にたどり着きました。

富士山を抱えるこの空の青さよ✨

山頂はゴツゴツとした岩場で、たくさんの人がお弁当広げてくつろげるような場所では無いのですが、皆やっぱり富士山の方を見ながら食べていました。(笑) この日の気温は恐らく30℃近く。山頂には木陰が全くなく焦げてしまいそうだったので、直射日光が我慢できなかった私は、友人を残して山頂の端っこの薮の中で屈んで食しました。(我ながらひどい格好ですが仕方なし💦) その友人は 山頂にいた人たちからあれこれ話しかけられ、沢山のおばさま達と会話を交わして、いろんな情報を得ていました。隣のホンジャが丸(山の名前です)は、とっても玄人好みの山なんだよ、とか、三つ峠の山頂には秘密の絶景のポイントがあるんだよ、など等。皆さん詳しい。そして自分の方が山の先輩なんだよと言うプチ自慢もあるのか、。 私はそれを後の籔の中からストーカーの様に聞いている・・。笑

その友人 M嬢は、初めは私の 突然の思いつき “山でご飯を作って食べたい〜“と言う誘いを嫌々受けて(笑)何回か山に付き合ってくれているうちに登山が好きになっていた様で、最近では会社の山の達人と出掛けるようになり、気がつけばこんな文明の力を使いこなしていました‼️

山で使うバーナーならこれ一択というジェットミニ!

私の憧れであるジェットミニ‼️1分半で500CCの水が沸きます。やはり早くてスタイリッシュ〜‼️ 今回は彼女は私の為に、こんなに暑い日だったのにわざわざ持ってきてくれて お湯を沸かしてくれました。(我儘過ぎましたね、御免なさい💦)山で食べるラーメンは最強と言いますが、普段は私はカップ麺を食しません。でもこの日はジェットボイルの威力を確かめたくて初めて持参。結果 汗を大量にかいたこの日の昼食には、このしょっぱさは誠にナイスな選択でした。塩分が大量に必要でした。麺もおにぎりも、おやつもぺろっと完食☺️✌️

そのオレンジTのM嬢と。

さぁ、お腹が満たされたら下山です。

彼女はもともと体力がある上に、達人の先輩に鍛えられたので、帰り道も非常に軽やかにさっさ さっさと降りていく。

一方私はと言えば、思いがけず岩が多く急な山道を、一歩一歩踏みしめて、やっぱり亀の歩み。。降りないと崖に落ちてしまいそうで多少の恐怖が手伝ったものの、朝とは違い木立の中に吹き抜ける風が気持ちよくて、それを存分に味わいたかったのです。

ですが、しばし彼女を大分待たせてしまったし体力の限界がきたので、大月方面に行く予定を、途中の田野倉駅方面に降りることにしました。(こんな途中の変更も電車で来ているからの自由さです。)

さて田野倉駅方面に山を降りるも、辺りは一人っ子いない住宅街で、標識も見当たらず、、と そこへ汗みどろで散歩しているお婆さまが! 道を聞いてみましたらおしゃべりが大好きな方で、いろんなことを話しながら駅までの道を伴走してくださいました。

どこか懐かしい風景、、

その田野倉駅には、山頂で見かけたおばさまたちがまたいっぱい❣️“ようやく今着いたのね〜“と言う会釈とともに、みんなで冷房のよく効いた電車に乗り込んでほっと一息。1時間に2本の電車。富士急のこの駅もやはり無人駅でした。

大月からは、本来ならばどこかでぶどう狩りか温泉を楽しんでから帰宅する予定でしたが、数日前の台風のせいでぶどうはどこも早めに剪定をしてしまったと言うことを聞いて、またこの暑さでは温泉もきついし、、と早めに帰宅することにしました。

ですが、私としては山梨に行くと言うことでフルーツを数日我慢してきたので、なんとしても美味しいぶどうが食したいと、大月駅の近くにあるフルーツショップにて冷えたピオーネを購入❣️広場のベンチで一気に食しました。大変に瑞々しいぶどうで、やはり地のものは違います🍇🍇

2人で一房ぺろっと☺️

昨今シャインマスカットが大変に持ち上げられて、何処もかしこもシャインマスカット祭りですが、私はピオーネの味がやはり好きです。フルーツショップのお姉様もまた、本当に良いお人柄でした。それも一味加わりましたヨ✨

2日経った今もまだ酷い筋肉痛があり、今回は登り始めから情けない姿を晒しながらの山行でしたが、きつい中でも一歩、また一歩と歩んでいけば、ゴール(山頂)に辿り着くのだというこの当たり前の中の真実‼️ そして頑張った者だけが味わえる景色と眺めが、また次へと駆り立てる。

今回もまた珍道中でしたが、無事に帰宅できているのはM嬢の全てお陰。感謝です☘️ そして人と触れ合った良い旅でした。

さ、次はどこを登ろう?!

*本来ならば非常事態と言うことで県を跨ぐのは褒められた事ではありませんが、半年間ガマンしてようやくの遠出です。尚、人がいる所ではマスクをつけて歩いております。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる