🔷自分が自分である為に〜『梨泰院クラス』感想

毎月曜はyoutube配信の予定だというのに、先週はちょっとバタバタして何も準備ができませんでした・・全く面目ない事です、、😣😣

以前はブログにいろんな想いを吐き出さなくては居られなかったのに、今はその時間が減って来たのは、精神と身体の安定が進んだからに他なりません。

先週はそんなバタバタの中で作業しながらもNetflixで 韓国ドラマ『梨泰院クラス』というドラマを見ていました。(梨泰院=イテウォン、という、日本ならば六本木の様に外国人が多く集まるイケてるスポット)Netflixでは常に上位人気ランキングに入っている韓流ドラマです。

女性には人気の韓流。でも普段はあまり見ない男性にも人気と聞いて観てみましたら、骨太の、名言だらけの素晴らしいドラマでした❣️

原作はウエブ漫画という『梨泰院クラス』

昨年のアカデミー賞を獲った映画『パラサイト』にも出演したこの、パク・ソジュン氏。今韓国で大変な人気と聞いていましたが、私はどうもこのいがぐり頭のビジュアルやヒロインのサガジ(小生意気)な感じが気になって、食指が進まずにいた作品でした・・。ですが、色々検索していたらパク・ソジュン氏は実はこんな爽やかな青年なのでした😅💧💧

食わず嫌いはよくないね〜美しいソジュン氏 、ミアネヨ〜😆❣️

主人公は、たった一人の肉親の父親を交通事故(ひき逃げ)で亡くしてから孤独に生きて来たけれど、仲間たちと一緒に、自分と父が受けた酷い仕打ちをした財閥一族に復讐し 事業を成功していくお話し。外食産業が舞台になっています。

土下座が一つの見どころのになっているので日本のヒットドラマ『半沢直樹』と比較される事もある様ですが、重たい復讐劇という訳でもなく、爽やかな青春ドラマの様でもあります。

仲間たちはとにかくアクが強くて(笑)、国籍がなかったり、学歴がなかったり、ソシオパスだったり、トランスジェンダーだったり、、みんな、マイノリティなのです。

皆、様々に戦いがあります。

その仲間たちに、主人公が言います。

『自分の価値は自分で決めるのだ』と。

『自分が自分である為に 他人を納得させなくてもいいんだ』と。

そして、こうも言います。

『自分は、仲間たちを守る為に 自分の言葉や行動に力が欲しい。不当な事や権力に振り回されたくない。自分が人生の主体であり、信念を貫き通せる人生、それが目標です。』

人は力を持った瞬間から、なんの為なのか “意味“ を見失ってしまいがち。でもこのリーダーは違うんです❗️ そして彼は何より信頼を大事にします。これぞ新しいリーダー像!!と思います❣️笑

そして、亡き父は彼にいつも言っていました。

『お前を誇りに思うよ』、『誇らしい息子よ』『どれだけ誇らしかったか・・』と。

芝居の大詰めで、主人公が大怪我をし、三途の川を渡りかけた時に 意識不明のなか 亡き父と会話をするシーンがあります。涙腺崩壊です。深く心に残る素晴らしいシーンでした。

お父さんの眼差しはいつも暖かくて、お父さんが出てくると私はいつも涙腺崩壊です。😭😭(演じている俳優ソン・ヒョンジュさんも、元々好きなのです)

彼は、大好きな父親に全肯定されて育ったから、他者の事も肯定できるのだな・・と理解しますが、そうでない私だって、他者を全肯定できるもので在りたい❗️と願うものです。。🍀

主人公の仇役は、韓国でカメレオン俳優と呼ばれるユ・ジェンミン氏。実はまだお若い47歳!なのに、今回はすごい貫禄と太々しさ、いやらしさ..

この役者さんもまた『秘密の森』というこれまた素晴らしいドラマを見て以来 惹かれていましたが、今回はもう参りました〜〜😵😵

出た!! 財閥の悪徳会長!笑

『梨泰院クラス』は本当に名言の多い良いドラマでした。これをyoutube動画にできたら良かったのに・・。次回にまたご期待下さい‼️

*追記* パク・ソジュン氏は、ラブコメディで力を付け人気を博してきた・・という事を知って、この後 いくつかコメディを観てみました。『彼女は綺麗だった』というドラマがとても面白く良い内容でしたので、ご紹介!この中ではファッション雑誌の凄腕の編集長のパク・ソジュン氏❗️おおらかであったかい人柄がにじみ出ていて、それでいてクスリと笑えてハートフル。とても良い先品でした。

(ネットより拝借しました)

🔹この作品はAmazonプライムで観る事ができます⬇️(見放題)

Amazon プライム『30日間の無料体験』はこちら

*オススメ*

🔹私のハングル勉強法〜ヒョンビンに魅せられて

https://yasuko-sado.com/2020/04/

今日もとっても暑いですが、この1週間も皆さんにとって良い時間であります様に・・。

カテゴリーblog