素晴らしい歌声に出逢った!

本日は、知人からご招待を受けて韓流のミュージカルスターが集うコンサートに行ってきました。

【FANTASTIC  MUSICAL CONCERT 2018】 

(@東京国際フォーラムCホール)

イ・ジフン氏、ソン·ジュンホ氏、ミン·ウヒョク氏、チョン·ドンソク氏という韓国で主にミュージカルで活躍している4名によるガラコンサート。私は全員初見でした。
背が高く、タキシードでびしっと決めた4人が舞台に揃うと、さながらイル・ディーヴォの韓流バージョン、といった感じで壮観。皆さん本当にイケメンでした~✨

4人ともに歌はうまかったですが、私はもうコンサートの第一声から、この方の歌声にとても引き付けられました!!

チョン·ドンソク氏。本当に素晴らしい歌声と表現力、そして何よりものすごく綺麗!スーパーモデルの様なスタイルと美しさです❤❤

↑実際はもっと鋭い感じかと‥笑日本でも何度も舞台に立っている様なので、知る人ぞ知る方なのでしょう。4人の中では最若手ですが、すでに韓国でいっぱい主役も演じているようです。特に『ノートルダムドパリ』が素晴らしかった。←実はあの曲はとても技術が要る‥

驚いたのは、ミュージカルの名曲集のようなコンサートだのに、途中 シューベルトの歌曲『魔王』をドイツ語で歌ったこと!!皆さん、中学校で必ず習いますよね?あの、『魔王』ですよ‥!!
これがもう本当に素晴らしくて、フィッシャー·ディスカウも真っ青という感じです。クラシック出身とはいえ、これは円熟のベテランが歌う曲。なにしろ彼はとても若いんですから!この選曲には本当にビックリしました、。

余談ですが、私は教員免許を取るための教育実習で、ちょうどこの『魔王』を教えなければいけなくて、「おとーさん、お父さん~」と生徒の前で歌ってみせた事も懐かしく思い出していました。(生徒たち、「何のこっちゃ?」と恐らくは引いていたと思うけれど‥)

チョン·ドンソク氏、彼はこれからのきっと韓国のミュージカルシーンを引っ張っていく宝の様な人材なのだと思います。

彼の歌声は、また聞きたい!明日も聞きたい!毎日聞きたい!!そんな中毒性のある声。私には、15年前のチョ・スンウ氏の『ジキルとハイド』を聞いた時以来の衝撃でした。

ああ、知らずにいたのが悔やまれる!!これからも注目していきたいと思います‥

そしてもう一方、ミン·ウヒョク氏。この方はとっても表現のスケールが大きくて、声は本当にノーブルで美しい。楽曲のまとめ方も技術も素晴らしく、声量も圧巻でした。元々野球選手ということで体格がよく、187cmらしいですがもっともっと大きく見え‥  なんと『アイーダ』のラダメスを演じていたらしい~ こんなラダメスなら、私  (アムネリス) は、猛烈な嫉妬に狂った事でしょうね!!笑
冗談はさておき、私はこの方のバルジャンをいつか見てみたい!きっとお似合いでしょう!

昨日のフジコ・ヘミングさんの映画では、大変心が満たされましたが、今日は皆さんの素晴らしい歌唱を受けて、私はこんなところでうだうだして、歌の勉強を怠けてちゃダメだ、と強く思わされました。何か悔しくて

素晴らしい歌声が、私を燃やしてくれて、重い腰がやっと上がりました‥

私も頑張る!!!と決意した日。

皆さんも、良い夢を‥( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎

カテゴリーblog