甲子園と仲間力

甲子園が終わると蝉もぱったり居なくなる‥すっかり秋の空ですね。
甲子園決勝戦は私も御多分に漏れず、やはり金農を応援していました。
大阪桐蔭との対戦を、『ハイブリッドVS雑草魂』?だなんて表現されていましたが、金農の、どんな逆境にも笑顔で一丸で向かっていく姿は観ていてとても気持ちがよく、奇跡を起こすには、やはり仲間との絆が欠かせない、と思わせた。

そんな金農旋風が沸き起こっている中、先週末はまた大阪でOSKの声楽レッスンをして参りました。笑2週間に渡り 計14時間の特別レッスン

こちらの次世代スターの皆さんも、キラキラ輝いて✨ そして大変素直で誠実で方々。

キャリアや年齢問わず、グループレッスンにすると、抱えてる課題や悩みが不思議とシンクロしてきます。今回は特に、プロとして舞台に立つ者の痛みを共有し、涙する場面も多く有りました。誠に、声とは心そのもの。

ある曲の内容をより深く理解する為に、自分に照らしてプレゼンをしてもらったら、その方の柔らかな心に触れて、つい皆さんでもらい泣き‥
その方の、嘘のない本当の(生活)心には、何か特別な事をせずとも、人を巻き込む力があり、感動を産む。(いや、受け止める聞き手との間に信頼がなければ本音は話せないのだが。)

仲間がいるからこそ、の学びと経験の共有。全てが力になっていく。

そして、最後は笑顔✨✨

また、翌日には私主催の声楽ワークショップも開催。こちらは期せずして教壇に立つ方々が集まり、”伝えること”について考えを深める時間になりました。

今日も、個人レッスンの方を教えながら、独りの学びの限界を思い、仲間を作る事の必要を覚え、また私自身も仲間を作ることの大切さを丁度考えていた処でありました。

一人で見る夢はつまらない。仲間は、時に面倒で鬱陶しいかも。笑でも、、違う次元に連れて行ってくれる人達だ。

先日の決勝戦の後には、兵庫と秋田の空に、虹がかかったらしい。

人の想いはエネルギー。
空にも届く!!!