だから やらない?だけど やる?

10月になりましたね。一昨日はあちこちの小学校で運動会だったみたいです。しばらく前は、小学校で徒競走の優劣をつけたくないが為に、全員が手をつないでゴールをするのだ、と言う話を聞いたことありますが、未だにそんな事が行われているんでしょうか?
出来る事、出来ない事をちゃんと受け止める事はとても大事な事だ、と私は思っています。それぞれに皆 得意分野が違うのだから。
運動会で活躍する子がいれば文化祭で活躍する子もいて、受験で活躍する子もいて、お家のお手伝いで活躍する子もいる。。

ところが 大人になると少し厄介に。自分が好きなこと、やりたい事が必ずしも得意でない事の方が多い様な気がする。
やりたい気持ちと、でも上手く出来ずに無様な姿を晒す自分の姿との間で葛藤することは よくある。
先日も劇団四季の入団を目指している若い俳優さん達を教えていて、自分のふがいなさに悔し涙を流す姿に 私は打たれた。素直な心だな…と。私にはなかったものだ。

私の場合は、出来ない事を指摘されるのは、「お前は役に立たない」と言われている様な気がしてしまい、とても嫌だった。だから存在を否定されている様に思い込んでいたから、すねて、キレて、自分からばっさり関係を断つ、と言うのがお決まりのパターンだった。
全く恥ずかしくなる程に幼い…キョロキョロキョロキョロ

今は 出来る事、出来ない事は、私の人格には全く関係ない、と頭では理解出来る様になったかな?という程度。まだまだ幼い私です…チュー照れ(もういい年齢だけど、仕方なしです)

さて、貴女が今とても困難な状況にあるとして、
やりたいな、と思う事が難しい状況にあるとして、、 さぁ貴方はどうする?

~だから辞めるのか?~だけどやるのか?
それは、自分で決めること、なんです。。
(当たり前だけど)

辞めるなんて逃げだ!という訳でもなく、やると決めた事だけが讃えられる事でもなく、自分さえ納得できれば どちらでも良いのだ、と思いますよ、きっと!!

けれど自分で決めるのは辛い時もある…誰かに決めてもらった方が本当は楽なんだから。
そんな時は、己の直感に従え!ですね~
私はそんな時でさえ直感を無視して、 より苦しい方のみを選んできた様な気がします。狭き門から入る事だけが、価値があると信じていたから!!
あたたた…ですよね えーんアセアセアセアセ

なにか今 稽古中の『絢爛とか…』にリアルに重なることがいっぱいあり、面白いです。
昭和初期の4人のモガ達。みな個性的。それぞれの執着がまるで違う。
人は、それぞれ引っかかるところが違うもの。私にとっては大問題のそれは、ある人にとってなんでもない事であったりする。

その引っかかってしまう事、執着を持ってしまう事と、いつかは向き合うしかないのだ。だって逃げても逃げても追いかけて来るのだからね。。

その引っかかる事と、どう付き合うのか?それこそが生きるって言う事、そのものだと私は思う。

それを 自分を燃やす燃料にするのか、それを 磨いて宝石にするのか、、
それを小脇に抱えつつ 歩むのか、、?
それは、いつの間にか淘汰されていくのかもしれず。

だから 、やらない!のかだけど、やるのか?
人生は選択の連続だ。だけど、どちらも大正解!ですね。。

◆10.18-22日は『絢爛とか爛漫とか-モダンガール版-』

まだお席はございます!とっても良い戯曲です。そして小劇場の猛者達のなんと濃い事よ!私も異種格闘技で頑張ってますよ~ウインク
文化庁芸術祭参加作品です。

音譜チケットのお申し込みは公式サイトで!https://ameblo.jp/pashonaria/entry-12304586254.html
ご来場 お待ちしておりますラブラブラブラブ

カテゴリーblog