METライブビューイング

久々のアップになりました。お盆をいかがお過ごしでしょうか?  曇った空と乾かない洗濯物..蝉の声が何ともミスマッチな夏。でも、涼しさが救いですね。  来週の尾道ライブに向けて、ただ今猛烈追い込み中~なのですが、昨日は85才の演出家、中村哮夫先生と以前からの約束で銀座デートでしたニコニコ  東劇にて MET(メトロポリタンオペラ ライブビューイング)を二本観賞して、築地でお寿司キラキラという師匠がたててくれたこのプラン、実にナイスチョイス~~ウインク拍手

   昨日は、マスカーニ《カヴァレリア・ルスティカーナ》/ 
レオンカヴァッロ《道化師》の同時上演。
上映時間:3時間18分 指揮(両作共通):ファビオ・ルイージ 演出(両作共通):デイヴィッド・マクヴィカー
出演(両作共通):マルセロ・アルヴァレス  2作品とも、時代は違えどシチリアが舞台で、不倫の代償がこれか~と身も蓋もない台本でありますが、『道化師』は奥様役の芝居が天晴れで、笑わせてもらいました。(ネッダ役=パトリシア・ラセット氏)あれ程の芝居を魅せるオペラ歌手はなかなか居ないんでは~? 勿論、歌唱も素晴らしいですビックリマーク  一方、『カバァレリア..』は、ムム( ゚ε゚;)ム。削ぎおとされた重厚な演出は嫌いではないが、相反して歌唱がやり過ぎ感があり.一方調子かと。やっぱりやり過ぎは良くないよね~と、我が身を振りかえってみたりして..キョロキョロ しかし!間奏曲は沁みました~オケのストリングスの美しいことラブラブ にしても、この台本のどこに惚れてオペラを書く気になったんだか、マスカーニさんに突っ込んで聞いてみたいものですな~えー  と、昨日はメトにしては地味目な演出でしたが、9月末まではアンコール上演で人気作がまた観られる様です。来月は師匠のお薦めのシュトラウスの『ばらの騎士』に行きたいな~。あ..上演時間は4時間24分ですと!覚悟が要りますね.(^-^;  師匠とのお喋りは、オペラの話、芝居の話、昔話、俳句の話、文学の話..幾ら話しても尽きる事がありません。愉しく贅沢な一日でした。  皆さんも、ご家族との佳き時間を過ごされます様に。。 

 ~今後の予定~

◆8-26.27日はSong&Tap in尾道◆10.18-22日は『絢爛とか爛漫とか-モダンガール版-』

カテゴリーblog