優しい人になりたかった。

先日、長い間逢っていなかった友と語らいました。

10代の多感な時に『許しとは何か』を考えて、共に悩んでた信仰の友、なんであります。

逢って話すのは、20数年ぶり。

新年の挨拶はメールでしていた位で、
互いに仕事に忙しくしてた。

彼は相変わらず、優しい、いい人。

数年前に、自ら会社を立ち上げて大活躍。

そんな彼の半生は、愛と奇跡に満ちていて、実に感動的なんでありました。

彼の、何気ない優しさが凍みました。。

あぁ私だって優しい人になりたかったな~

若い時には確かにそう願ってた。

でも途中で、私にゃ無理だわと悟ってしまいました…

私ががんばって優しい人になろうとすると
色々と無理が生じてしまうのだもの..。

そう、<頑張る>が入ってしまう。

優しい人には無理がない、実に自然体。
だから彼に『本当に優しいのね~』と言うと
『そうかなぁ~?』と涼しく笑ってる。

やっぱり私には愛がないよな…とは感じたけど、ふと、
あぁ私は愛を受け取る側なんだと気付く。。

なんだか大きな発見でした 

きっとこの世には神様が決めた配役があるのだろうと思う。

優しい人、繊細な人、ユニークな人、皮肉屋、おおらかな人、大胆な人、キザな人、野心家、情熱家…まだまだ一杯。

色々なキャストが必要なのだから。

私は何だろう…

正直に生きること?

あぁ、私だって優しい人になりたかった!

愛のある人になりたかった!

でも、これでいい!

優しい人じゃなくてもいい!
優しく出来ない人でもいい!
優しさを受け取る役でいい!

今はそう思っています。

でも、その優しさを感じ取れる私にも、
少しは愛はあるのじゃないかな、なんて
自分で自分を慰めてみる…

そうか!モノの本にはよく、なりたいものになったつもりで先に行動せよ、とある。

よしっ、
私も優しい人になったつもりで、
まずは自分と周りから、少しずつ愛で満たして行こうか..

平和な代々木公園で、そんな事を思いました。

そして、実に色々な人がいた…

愛がなければどんな行為も虚しい。。

カテゴリーblog