なよたけ~夢と現のはざま 

またまた戯曲のお話し。

このところ、加藤道夫さんの
『なよたけ』を読んでいます。

加藤道夫さん。
慶應義塾において教え子であった
浅利慶太先生たちが、劇団四季を立ち上げる
きっかけとなった方です。
劇作家であり翻訳家であり演出家。

やはり加藤道夫さんの作品である
『思い出を売る男』は、
四季で度々上演されていますが、

代表作である『なよたけ』には
私は今回始めて触れました。

太平洋戦争時に南方へ行く前に、
命を賭けて書いたと言われている
この作品。

ご存じ、かぐや姫がモチーフです。

詩情溢れる作品だけど、圧倒されました。
大変美しい作品です。

そして、とても不思議な、
謎めいた作品でもあります。

読み進めている内に、私が生きている
この現(うつつ)さえも
主人公の夢想の中なのじゃないかと、
などと思えてきます。。

普段から、私は、なんだか
現実と夢の境がよく解らなくて。

あ、
私は決して危ない人じゃないんですが、
なが~い夢の中には居るような気も
したり。。( ´△`)

なんか『夢から醒めた夢』みたいな話しに
なってしまいますが、

『ぼんやり夢を見ている一日が今日も
終わる…』と。
いつもそんな風に感じられていて。

いまの歌詞は『CATS』の中の
長老猫の一節ですが、

グリザベラの歌う『メモリー』の訳詞も
『思い出を売る男』や『なよたけ』から
沢山のイメージを受け取ったのではないか、と思えてなりません。

また『なよたけ』には
ジロドォの戯曲『オンディーヌ』への
オマージュもあちこちに感じられます。

加藤道夫さんは、劇団四季立ち上げの
少し前に自殺なされていて、
(まだ35才だった)
旗揚げ公演を観てもらうことは叶わなかった
そうですが、その後もずっとず~っと
浅利先生方の心の支えであり、
道標だったのでしょう。

今更なんですが、
四季の作品には加藤道夫さんが
生きているのだな、と感じました。

私は在団中には慌ただしい日々で、
『なよたけ』を読む時間は取れず、

久々に戯曲の中に没頭し、
言葉の渦に心地良く浸りました..😊

さて、『なよたけ』は9月半ばに
演出家協会でリーディングを致します。

私の師である中村哮夫先生が
演出をなさるので、

私は劇中の歌を作曲せよ!
と命を受けていまして、、💦

劇中には合唱も沢山出てくるのですが、
それは割愛することになり、私の担当は
わらべ歌やら色々、4曲ほど。

劇中歌作りは、以前にも経験していますが、
これまた久々に五線譜に向かい、
おたまじゃくしと格闘中で~す!

上演の詳細はまた今度に。
私も参加致します。

中村先生も加藤道夫さんの教え子。
日下武史さんと同級生なんですよ。

どんな演出になるのか楽しみです!!

..がその前に、明日はじめて
演出家に曲を提出します。。

全ボツ!
なりませぬ様に…(;´_ゝ`)