🔷海岸のクリスマス

何から書けば良いのか・・長いご無沙汰になってしまいました。

にも関わらず、このサイトに足を運んで下さった方々がずっと居られていて、ご心配をおかけしました事をお詫び致します。そして有難うございます^ ^

私はとっても元気にして居りますが、秋からは少々多忙な中を過ごして居りました。

10月には、教えている生徒たちのオーディションが続きました。

劇団四季の『ライオンキング』には最終オーディションに進んだ生徒が1名、そしてみんなの憧れである『アニー』には最終オーディションに3名の生徒が勝ち進みました。その4名は残念ながら最後の最後の難関を突破することができませんでしたが、本当に凄まじい集中力を持って勉強し、そして著しい進化を遂げました。その叶わなかった夢は、また違った形で“ 花 “となって咲く事でしょう。

私が子役スクールで教え始めてまだ10ヶ月ですが、教えてきた事が少しずつ生徒の中に浸透し、発酵し、このような成果につながっていった事は、私も含めスクールの大きな励みでもあります。私の、舞台生活30周年の経験を砕いて砕いて、良い形で次の世代に力となるような学びを、と、これからも励んで参ります❣️

10月末には映画の撮影があり、そして11月頭には日本オペレッタ協会のガラコンサートへのゲスト出演が、そして12月頭には横須賀のホテルでのクリスマスコンサートの出演がありました。

映画については、明後日がその完成試写会となりますので その時にまたご報告をさせて頂くとして、、

先日のクリスマスコンサートの写真が出来上がってきたので、それを中心にご報告させていただこうと思います。(撮影はカメラマンの上原タカシさん)

この横須賀の観音崎京急ホテルでのクリスマスコンサートは、横須賀でいろんな活動なさっている劇団四季の元同僚・岡本和子さんからのお声掛けで実現しました。なんと岡本さんは双方の祖父が政治家と言う・・。そのご地元のご縁や、彼女が立ち上げたNPOなど、様々な働きから生まれた企画です。

観音崎京急ホテルは、神奈川ではよくその広告を目にしているホテルで、美しい白亜の建物が海岸に面しており、私も以前から一度は行ってみたいなーと思っていた処でした 笑

クリスマスコンサートは海岸を見下ろす宴会場で、昼と夜では違うプログラムを用意。お客様との間隔もあけてご来場頂きました。出演者は先述の岡本和子さん、そして横須賀基地の中でたくさんの芸能活動をなさってきた歌手のWinkyさん(今 彼はなんとケンタッキーフライドチキンのCMにサンタクロースとして出演中‼️)そして私、そしてエレクトーンの名人・橘光一さんの4人の布陣でした。

クリスマスイブには教会の日曜学校の皆んなと、キャンドルを片手に讃美歌を歌って練り歩いていた子供の頃を懐かしみ、
クリスマスメドレーでは、お客様と一緒に⭐︎
ミュージカル『回転木馬』より「嵐の中を歩く時」では客席で泣いている方もいらして..

やっぱりこれは強い、メッセージが素晴らしい楽曲です。
ソワレは『オペラ座の怪人』を。エレクトーンはいろんな音色が奏でられるので、
橘さんの伴奏はさながら本番のオケの様でした✨

私はお客様の前で演奏するのは久しぶりで、かなり緊張してしまうではないかと心配しながらリハーサルをしていましたが、いざ始まってみれば音楽を紡ぐ事が嬉しくて仕方なく、楽しい時間を過ごすことが出来ました。ご来場の皆様、関係者の皆様、心より感謝致します‼️

皆様もそれぞれの場所で、きっと素晴らしいクリスマスを過ごされたことと思います(そう願います)逢いたい人に逢えて、また様々な表現活動がもっと自由にできる日が来る事を、心から願うばかりです。

アンコールはハンドベルで『きよしこの夜』♪
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる