ソウル散歩③~出逢いと再会!

夏のソウル散歩に続き、今回は③
今回は色々な方との出逢いと再会が何よりの収穫でした。
まずは素敵なゲストハウスの事。ゲストハウスって、どんなものなのかな、と夏に1泊泊まってみて、お料理上手のオモニの韓流朝食がとても気に入って、今回はそこに長く滞在しました。

お庭も風情があります。夏はお庭でも食べられる!この干し柿もオモニのお手製です。

朝食は日替わりビュッフェ。好きな分だけ頂きます。この日は貝のスープと酒蒸しが美味でした~☆

これは滞在3日目。ここにいる方々は私を入れて七か国の人々。

ロシア人の家族、フランス人の乙女、フィリピン人の奥様、ドイツ人のパティシエ、台湾人の紳士、真ん中がオーナーのハハさん❗️(私はめちゃくちゃハングル&英語..)

4日目の朝、ブルース・リーで有名なジークンドーの師範をしている台湾人、ミスターSと意気投合!韓国に教えに来ているそうで、一つ型を教えて頂きましたよ~😆

やっぱり力や体重移動ではないのね…私が習っていた心拳も同じ!奥深い‼️

この夜は劇団四季の後輩、チェ·サンウン(日本の芸名は三雲肇)の出演している舞台、『パルレ』←洗濯の意味、を観劇です。(テハンノにて)
偶然にこの晩は日本語の字幕ありの日だったので、内容もよく理解出来て良かったです。ソウルで暮らす現実、夢を持って生きている者に立ちはだかる現実の厳しさ。けれども 涙は絞って洗濯物のように風に流して、前を向いて生きて行こうよ、という強いメッセージの作品でした。とても良いオリジナル作品。さすが12年も続いているロングラン!

久しぶりに会ったサンウンは、、日本から帰って大作出演が続き、またロンドンで『ミス・サイゴン』に1年出演してきたと言う…、何と言うか落ち着いた感じと静かなる自信、そして深い情熱を感じました。

相変わらずシャイで謙虚で繊細なところもそのまま!本当に好青年です✨

サンウンの出演は来年も続きます。ソウルへ旅行される方、どうぞ是非『パルレ』をご覧ください!コネストからもチケット予約ができますよ。↓↓↓↓

http://www.komorinosako.com/entry/2017/04/20/231644

この晩は元劇団四季のウンシリ(高木美果)や、ナヨンも。また偶然この時期にソウルを旅行中だったタップの粟村勝さんも一緒でした。お肉食べて語らった~~😉

粟村さんはサンウンに感動して、翌日はサンウン主演の他の芝居も見に行っていました!

サンウン、実は現在 2つ主演舞台を掛け持っているんです、、凄いですね~(『画家』という2人芝居。サンウンはゴッホを演じています。忠武路アートセンターにて)

最後の朝は、ウネにも逢えました!可愛らしいランペルティーザ(CATS)も、今や2人目を身ごもる母、そして振り付け師で事業家!もはや貫禄さえ漂う~~✨✨

朝陽が入るカフェで。久しぶりのお喋りで話しが尽きません!

それにしても皆さん各々に充実し、輝いてましたよ~🎶

ソウル散歩、まだまだ続きます、、

カテゴリーblog